塩素濃度をしっかり管理しましょう!

2020年10月1日より「熊本県レジオネラ症防止条例」が一部改正されます。

そのうち、衛生管理の基準の見直しとして、浴槽中の残留塩素濃度についてはこれまでの0.2mg/L~0.4mg/L程度」から「通常0.4mg/L 程度」へと見直されています

お風呂のシンドーでは以前から「0.5mg/L程度、1.0mg/Lを超えないように」とアドバイスさせていただいています。

塩素切れの状態になるとレジオネラ事故のリスクが高まりますので是非ご注意いただきたいと思います。

手軽な塩素管理には湯クリアーが最適です!

最新記事